afnf.net

VGN-N51BをSSDに換装

VAIO N51B SSD 2014/06/22 22:13

実家のWindows Vistaマシン、Sony VAIO VGN-N51B があまりに遅いので、SSDに換装しました。

手順

  1. 念のため、メーカーのリカバリディスクを作成しておく
  2. Linux Live CDでブート(USB Flashは失敗したのでCDから)
  3. ddで内蔵HDDから外付けSSDへ転送
  4. コピー後、マウント可能であることを確認
  5. シャットダウン
  6. 裏面のネジを外す(メモリカバー内にも2本有り)
  7. DVDドライブを取り出し、付近のネジ3本を外す
  8. ツメに注意しながらキーボードを取り外す(慎重に!)
  9. フレキシブルケーブル3本を外す(慎重に!)
  10. パームレストを外す
  11. HDDを取り外し、SSDに換装(ここは簡単)
  12. 普通にVistaが起動する(はず)
  13. 未使用領域があればパーティションの拡張等を実施

ポイント1

面倒を避けたかったので、HDD容量(100GB)よりも大きなサイズのSSD(Crucial M500 120GB)を選択しました。リカバリ領域がディスクの先頭だった事もあり、転送はdd一発でおしまいです。

#dd if=/dev/sda of=/dev/sdb bs=16M

ポイント2

キーボードは、パームレスト側に5つのツメがあります。左から4つはツメを手前に押し込めるのですが、一番右側だけは押し込めません。どうしてなんですかね。割と強引に外す必要があります。勢い余ってフレキシブルケーブルを切断しないように。

ポイント3

一番の難敵はフレキシブルケーブルでしょう。 20140622_flexcable

写真中央の茶色はキーボード、左の青はタッチパッドです。茶色の部品は、端の突起を利用して少しずつ外します。一気にやろうとすると割れます(別機で経験有り)。取り付けも面倒です。

左のタイプは初めて見ました。黒色の部分が起き上がっているのが分かるでしょうか。これを倒すと、フレキが固定されます。こっちは簡単でした。

換装結果

はっえーw

20140622_ssd_benchmark

体感速度が全く違いますね。Random 4Kが100倍以上高速化しているはずなので、あたりまえなのですが。Serial ATA 1.0(150MB/s)の頭打ちはご愛敬。

CPUとメモリは貧弱ですが、Vistaのサポートが切れるまでの3年弱は戦えるはずです。

VAIO N51B SSD 2014/06/22 22:13
comments (0)

blog-java2 engine (build:2019-02-23 17:57 JST)